メディプラスゲル関連記事

脂漏性皮膚炎になる原因とスキンケアの方法は?メディプラスゲルは使える?

投稿日:

脂漏性皮膚炎の人の肌

脂漏性皮膚炎と呼ばれる肌の状態には一般的には皮膚のバリア機能が低下し、外部からの刺激を受けやすい状態の肌のことを指していて、その原因にはセラミド不足やニキビなどで皮脂のバランスが崩れているタイプや、乾燥などの季節の影響を受けているもの、アトピー体質でもともと体質的に皮膚のバリア機能が低い場合などがあります。

脂漏性皮膚炎をはじめとするこれらの肌トラブルには適切な治療をするとともに正しいスキンケアをおこなうことも大切です。

とくに脂漏性皮膚炎といわれる肌の状態では、角質層の中の水分や皮脂の量が低下することで皮膚の本来持っているバリア機能が十分に発揮できなくなるため、アレルゲンや刺激物質が角質層に入りやすくなり、かゆみや湿疹、かぶれなどのトラブルを引き起こしやすくなります。

バリア機能を正常に保ち脂漏性皮膚炎を改善するためには、角質層に十分な水分が保たれていることが何より重要で、天然のバリアである3大保湿因子が関係しています。

脂漏性皮膚炎の鍵を握っている保湿因子

保湿因子

3大保湿因子とはセラミド・天然保湿因子・皮脂の三つの成分でこれらは肌本来が持っている天然の成分です。

セラミドとは細胞間脂質といわれ角質層の中にあり水分が肌から逃げないようにしっかりとどめておく働きがあり、天然保湿因子もセラミドと同様の働きがあります。

そして皮膚の一番外側にある皮脂の働きでうるおい膜を強化し、水分の蒸発を防ぐとともに、外部からの異物や刺激をはねかえし、これらの三つの要素で肌のバリア機能を担っています。

脂漏性皮膚炎の状態ではセラミドをはじめとした3大保湿因子が不足しているために肌が乾燥してしまいバリア機能の低下につながっています。このバリア機能を正常な状態で保つためには洗浄・保湿・紫外線防止をしっかりと正しい方法でおこなう日々のスキンケアが重要です。

脂漏性皮膚炎になっている時のお肌のお手入れ

洗顔している女性

脂漏性皮膚炎では刺激に弱くなっているため、肌の状態にあった低刺激性の洗顔料やクレンジングを使用し、石鹸はしっかり泡立てて使いましょう。

乾燥が気になる場合は、洗顔用の使用を控えることも大切です。

洗顔後の肌は水分や保湿成分が最も浸透しやすいタイミングなのですぐに化粧水や乳液、保湿クリームなどで保湿を行いましょう。

脂漏性皮膚炎の状態で洗顔後そのままで放っておくとどんどん水分が失われていくので早めの保湿がポイントです。

化粧水で水分補給をした後には水分の蒸発を防ぐために乳液、保湿クリームで油分の膜を作りましょう。

脂漏性皮膚炎になっている肌におすすめなのはヒト型セラミドが配合されたメディプラスゲルです。

オールインワンタイプのゲルなので、色々なものを肌に塗るたびに起こる脂漏性皮膚炎の肌への刺激を限りなく抑えてくれるというのもおすすめする理由の一つです。

紫外線が脂漏性皮膚炎に限らず肌に良くないことは周知の事実ですが、紫外線をあび続けることはシミ・くすみだけでなく脂漏性皮膚炎悪化の原因にもなります。

日焼け止めは生活スタイルに合ったものを選び、正しい量をこまめに塗りなおすように注意しましょう。

-メディプラスゲル関連記事

Copyright© 【メディプラスゲル】サンプルセット付きのお試し通販は公式サイトがお得! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.